執行役員人事および経営体制強化のお知らせ

事業拡大・組織強化のため

経営体制強化の背景

モメンタムは、創業以来、日本のデジタル広告業界の健全化に向けた取り組みを牽引すべく、アドベリフィケーションソリューションを提供してまいりました。「無価値な広告をゼロにする」をミッションとして、アドプラットフォーム・広告主・広告代理店など、様々な企業のニーズにあわせて「HYTRA」ブランドのサービスを提供しております。少数精鋭での組織体制で運営を行ってきましたが、このたび既存事業の拡張と成長に伴い、営業・開発人員の補強と組織編成を実施しました。またマネジメントと今後の事業展開を視野に、瀬戸 亮を執行役員および COO として任命いたしました。

瀬戸 亮 について

略歴

早稲田大学政治経済学部卒業。 優成監査法人(現・太陽有限責任監査法人)に入所し、監査業務・IPO 業務及びコンサルティング業務等に従事。その後、上場企業の経営企画にて、M&A、IPO 担当を経て、株式会社ドリコム入社。経営企画部門で組織マネジメントや事業推進、子会社監査役を経験。

瀬戸よりコメント

インターネット市場は引き続き成長傾向にあり、インターネット広告へのアドベリフィケーション対策の重要性も同様に高まっています。このような環境の中、『無価値なインターネット広告をゼロにする』という理念をさらに推進すべく、事業拡大のための体制作りと組織全体のチーム力強化を図ってまいります。アドベリフィケーション対策が当たり前の世の中を作るべく、プロダクトラインナップ強化のための準備と、同様に各プレイヤーとのアライアンス作りと、かなり体力が必要となりますが今からとてもワクワクしています。これからのモメンタムを作るべく、挑戦していきたいと思います。

代表高頭よりコメントと今後の Momentum について

瀬戸はこれまでのキャリアにおいて、事業会社で経営戦略立案の経験を積んでおり、成長フェーズの会社において、それをどのように安定的に加速させていくか、という部分に強みを持っております。 モメンタムはこれまで、創業以来長い間に渡って市場創造をおこなってまいりましたが、近年、市場がアドベリフィケーションの価値を受容し、市場拡大期に向かっており、ここからの成長を瀬戸が牽引してくれるものと期待しております。