モメンタム、初の単独調査レポート「日本のデジタル広告リスク」を発表

Momentum株式会社(以下、モメンタム)は、初の単独調査となる「日本のデジタル広告リスク」の調査レポートを公開しました

調査レポート「日本のデジタル広告リスク」は、モメンタムが展開する HYTRA(ハイトラ)を導入する広告配信プラットフォーム各社において、プログラマティック広告の配信状況をブランドセーフティ・アドフラウドの観点から計測し、その傾向と考察をまとめたものです。 前回はアドベリフィケーション推進協議会を通じて、国内のブランドセーフティ・アドフラウドをまとめた 「2017 年度日本のアドベリフィケーション調査レポート vol.1」 にてベンチマークを発表しましたが、この度モメンタム単独で初めて発表いたしました。

「日本のデジタル広告リスク」のダウンロード

■ 背景

昨今のプログラマティック広告は、技術の進化とともに大きなリスクをはらんでいます。昨年 4 月にモメンタムが発表した、 「国内巨大漫画ストリーミングサイトで検知したアドフラウドに関する注意喚起」 はインターネット業界だけでなく、大きな社会問題として広く認知されるきっかけとなりました。 こうした問題を公表することで、関係各社が正しいリスクを把握し、デジタル広告業界全体の透明化に寄与すると考え、この度レポートの公開に至りました。

Whitepaper

今後もモメンタムでは広告業界の健全化に貢献するべく、国内におけるブランドセーフティ・アドフラウドにおける問題の現状把握と具体的な対策の研究を進めるとともに、広告業界の発展の一助となれるよう定期的に調査レポートを発表して参ります。

■「HYTRA(ハイトラ)」について

HYTRA は、モメンタムのアドベリフィケーション対策ソリューションです。企業のニーズにあわせて 3 形態にて提供しています。広告代理店向けブラックリスト提供サービス「HYTRA DASHBOARD」、アドプラットフォーム向け API 提供サービス「HYTRA API」、広告主専用サービス「HYTRA for Advertiser」の3つのラインナップを展開しています。