国内巨大漫画ストリーミングサイトで検知したアドフラウドに関する注意喚起

「ドメインスプーフィング」の手口に使われている対象ドメインをブラックリストに追加

Momentum 株式会社(以下、モメンタム)は、アドフラウド対策ソリューション「Black Heron」において、アドフラウドの手口のひとつである「Domain Spoofing(ドメインスプーフィング)」に使用されている対象ドメイン 90 件をブラックリストに追加しました。

国内トラフィックランキングで上位に入る巨大漫画ストリーミングサイトにおいて「ドメインスプーフィング」の手法を利用したアドフラウド(広告詐欺)が検知されたため、当該サイトの規模から被害の大きさを鑑み、「Black Heron」への定常的なブラックリストのアップデートとあわせてこの度は本書面での告知をいたします。

<ドメインスプーフィングとは> 「ドメインスプーフィング」とは、悪質なサイト運営者などが、故意に広告掲載先のドメインを偽ることで不正に広告収益を得ようとする、”なりすまし”による広告詐欺の手口の一つです。アドフラウドやブランドセーフティにおいて最高水準のガイドラインを制定する TAG(Trustworthy Accountability Group)においては「Falsely Represented」という名称で定義されています。

ドメインスプーフィング

今回のケースにおいては、”なりすまし”によるドメインで入札された広告を、iframe によって巨大漫画ストリーミングサイトに設置する「ドメインスプーフィング」が行われているのとあわせて、広告表示領域を非表示にする「Hidden Ads(隠し広告)」が同時に発生しているため、一般のサイト訪問者が目視では当該広告の表示を確認することができなくなっておりました。

「Black Heron」をご利用のお客様におかれましては、別途本件の詳細に関するご連絡をメールにてお送りしておりますのでご確認くださいませ。

モメンタムは、国内のプログラマティック広告取引の透明化を目指すべく、引き続きアドフラウドに関する調査とサービス改善を行うともに、情報提供を行ってまいります。